おや〜っ!“金のシャチ”が消えた??
名古屋城の天守閣



このミステリー…実は、3月19日に開幕する「新世紀・名古屋城博」に展示するため、高さ約50
メートルの屋根から21年振りに降ろされ、しばし地上で休息 ? することになった。   
 しかし“尾張名古屋は城でもつ”といわれ、金のシャチほこは名古屋のシンボル…ゆっくり休む
間もなく、名古屋市中を引き回しの上“獄門”ではなく、3月24日の愛知万博「愛・地球博」の開
会式に出され、世界の人々に名古屋をアピールする大役をおおせ遣っているのである。
その後、名古屋城内に戻り6月19日まで「金シャチドーム」での地上生活がはじまる。
       名古屋城の由来

徳川家康の子、義直(9男)の居城として、
加藤清正・黒田長政・浅野幸長・福島正則らの大名を動員し、慶長17年(1612年)に築された。

天守閣は、昭和20年5月14日午前8時の
名古屋大空襲により焼失したが、その後、
昭和34年10月に再建された。

       金のシャチ鉾 アラカルト

天守閣のシャチは南北に配置され、写真の左側(北方)がオス、右側(南方)はメスです。
高さ 重さ ウロコ
オス 2.62 m 1,272 kg 112 枚
メス 2.57 m 1,215 kg 126 枚

純度75%の18金を使用し、表面を24金のメッキが施されている。2体合わせて 88kgあるそうです。
再建当時の価格はおよそ4,800万円だったそうで、現在の時価では、およそ1億円相当だということです。


金シャチ降ろし モノクロ高画質スライドショー